Be Good Boys / PEOPLE

Model Works 東 理夫

アメリカ文化に造詣の深い作家東理夫氏が綴る、
懐かしき憧れのアメリカンシーン。

東 理夫(ひがしみちお)

 1941年生まれ。作家・翻訳家。アメリカ文化への造詣が深く、その知識を基に、世界の推理小説、ドキュメンタリー、料理、音楽など幅広いジャンルで活躍している。主な著書に「スペンサーの料理」、自伝的な著書「湘南」(早川書房)、「スペインは味な国」(新潮社)、「ケンタッキー・バーボン紀行」(東京書籍)、「エルビス・プレスリー 世界を変えた男」(文春新書)など多くの作品がある。その一方で、イラストレーターの沢野ひとし氏達とともに、カントリーアンドウェスタンのバンドを組んで活動している。

押本 龍一(おしもとりゅういち)

 東京品川生まれ。1982年に2年間の予定で渡米したものの、米国からさまざまな刺激を受けたこともありそのまま居座り、84年にはニューヨークに渡り広告写真スタジオで働き始める。91年フォトグラファーとして独立。95年ニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、現在に至る。コマーショルフォトならびにエンターテインメント関連の撮影を中心に活動を続ける傍ら、近年は旅写真に力を入れている。趣味は旅と山歩き。

http://oshimoto.net/

Back to BOYS' STYLE