People

阿出川 輝雄

日本のサーフィン史を綴った記事には必ず、その名前はある。テッド阿出川。1960年代初頭、憧れだったアメリカに単身で渡り、日本では、まだあまり知られていなかったサーフィンの虜となり、1966年に東京・神田でサーフボードの製造を始めた男。ボード作りのノウハウを本場からいち早く持ち帰り、サーフボードメーカーの草分け的存在として日本におけるサーフィンの発展に貢献するとともに、70年代、日本を席巻したアメリカブームの火付け役となったことで知られている。

紀藤 雅彦

アメリカへの憧れ
1950年代後半から60年代にかけて、アメリカへ強い憧れを持った多くの若者が、アメリカの地へと足を踏み入れた。今のように旅行会社やパックツアーがあるわけもない。渡米する方法を各々が見つけ出し、本物のアメリカを見てみたいという思いをモチベーションとした、直感的な冒険旅行だった。

小林 昭

NIKON Sレンジファインダーと駆け抜けてきた時代
私はプロフェッショナルを始め、世界中のカメラ通の間ではチョットばかり名が知れたNIKON 一眼レフカメラのブラックボディーです。当時は私の様な黒ボディーは珍しくて、若い頃はこれでもかなりモテたんですよ。笑。

阿出川 輝雄
小森 隆

「サーフィン」と「空冷VWビートル」という米国文化をいち早く日本へ持ち帰り、やがて巻き起こる巨大アメリカン・ブームの牽引役としてそれぞれの分野で大きな功績を残した二人。 夢追い人としての野心は今なお健在ながら、その二人が築いてきた時代は、ぼくらに大きな夢と刺激を残してくれた。

奥川 泰弘

TVドラマで見たアメリカを
想像力で“小さな世界”に

どんな鳥も人間の想像力よりは高く飛べない、と言ったのは寺山修司だった。想像力とは、単純に言ってしまえばイメージする力なのだが、そのイメージは何もないところから立ち上がるわけではない。