Be Good Boys / PEOPLE

Ryuichi Oshimoto/Joshua Tree National Park

Ryuichi Oshimoto /Joshua Tree National Park
 ロサンゼルスのダウンタウンから東へ240㎞走れば、ジョシュア・ツリー国立公園の北のエントランスに到着する。アクセスがいいから訪問客が多く、映画やコマーシャル等の撮影も数多く行われてきた。1994年に国定公園から国立公園となってからは知名度と人気が上がったように感じる。暑い夏場を除き、週末にキャンプをしたければ早い時間からテントサイトを確保しないと公園内で夜を越せない可能性がある。
 数年前の春の連休、友人とキャンプ道具を持ってふらっと遊びに行ったら公園内のキャンプ場が全てフルだった。僕らは仕方なくパークレンジャーの指定した公園外の何もない荒野にテントを張った。公園周辺には宿もたくさんあるし、ロサンゼルスからは日帰りでも十分風景を堪能できる時間があるからキャンプに拘らなければいいわけだが、大きな岩とジョシュア・ツリーに囲まれて眠りたい人間にはキャンプ場の確保は重要だ。
 公園はこの辺りに生息しているジョシュア・ツリーに因んでいるが、岩に惹かれて訪れる人は多い。特に冬場は温暖なこの地で腕を磨くロッククライマーを多く見かける。
 僕は初めてこの公園に来たとき、火星にでも降り立ったような気がしてジャンボロックの上を子供のように駆け回った。その時はまだ国定公園で、気候の良い秋の週末だったけどキャンプ場には空きが随分あった。近年訪問客が増えたとはいえ、面積3200km²(東京都の約1.5倍)もある公園のほんの一部にしか人は集まらない。トレイルから逸れ荒野に倒れてしまったら何日も発見されないかもしれない。ジョシュア・ツリー国立公園にはワイルドな環境がまだたくさん残っている。

押本龍一

東京品川生まれ。1982年に2年間の予定で渡米したものの、米国からさまざまな刺激を受けたこともありそのまま居座り、84年にはニューヨークに渡り広告写真スタジオで働き始める。91年フォトグラファーとして独立。95年ニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、現在に至る。コマーショルフォトならびにエンターテインメント関連の撮影を中心に活動を続ける傍ら、近年は旅写真に力を入れている。趣味は旅と山歩き

http://oshimoto.net/

Back to PHOTO ALBUM